ネクシードのエンジニア留学のカリキュラムについてまとめました!

僕が受けたコースはWebコース(PHP)で3ヶ月(12週間)でした。

ネクシードには他にもiosコースもあります。

プログラミングの授業は1日3コマとなっています。

最初の1ヶ月は通常講義で、2ヶ月目から
通常講義とチーム開発(チームでWebサービスを作る)の半々の授業構成となっていました。


カリキュラム


・1週目 html/css、bootstrap
自己紹介サイトの作成などをhtml/cssを使って行いました。

基本的に事前課題をやってきたのを前提で授業ではhtml/cssを1週間でサクッと終わらせました。



・2週目 PHP基礎構文
for文,foreach文,while文,if文などの基礎学習をしました。

PHPを用いてお問い合わせフォームの作成をしました。



・3週目 PHP学習、SQL基礎
PHPで掲示板Webアプリの作成。以下のようなサイト作成をしました。

スクリーンショット 2018-07-15 9.18.22

特別授業としてネクシード社長様の講演がありました。

SQL文の基礎を学びました。CRUD処理。データベースへの接続・切断など。



・4週目 仮想環境構築、SNSサイト作成
PHPを用いてSNSサイト作成が始まりました。

仮想環境構築、Virtualbox、Vagrantのインストールなどをしました。



・5週目 仮想環境構築、SNSサイト作成、Webサービスプレゼン(個人)、チーム開発
チーム開発のWebサービス案を生徒一人ずつプレゼンしました。

この週からチーム開発がスタートしました。

ここからは1日にチーム開発と通常授業が半々で行われるようになりました。

SNSサイト作成はログイン・ログアウト機能を実装しました。

仮想環境構築はインストール時にエラーが出るなどして、生徒全員が仮想環境を構築するまで時間がかかりました。



・6週目 SNSサイト作成、チーム開発、githubの使い方
チーム開発では、チームごとに要件定義、画面遷移図・ワイヤーフレーム作成のやり方を習いました。

githubリポジトリ作成など必要な初期設定をしました。

sourcetreeの使い方も併せて習いました。

PHPの復習。以下の5大文法について復習しました。
①変数
②配列
③連想配列
④条件分岐文(if)
⑤繰り返し文(for , while)

SQLのデータベースの接続、SQL文、データベースの切断について復習しました。



・7週目 SNSサイト作成、チーム開発
SNSサイト作成は、編集機能、いいね!機能、コメント機能の実装をしました。

チーム開発では画面遷移図をチームごとに作成しました。
多次元配列についても学びました。



・8週目 SNSサイト作成、チーム開発・中間発表
チーム開発ではER図をチームごとに作成しました。

チームごとに中間発表をしました。この時点ではWebサービスについての発表のみでコーディングは一部のフロントページだけで、ほとんどできていませんでした。

SNSサイト作成は、いいね!取り消し機能を実装しました。



・9週目 SNSサイト作成、チーム開発
SNSサイト作成では、いいね済みのみの一覧、ユーザー一覧、コメント機能の実装をしました。



・10週目 SNSサイト作成、チーム開発、PHPの関数
SNSサイト作成では、フォロー・フォロー解除機能を実装しました。
 
PHPの組み込み関数についての学習。関数の作成をしました。



・11週目 SNSサイト作成完了、チーム開発、Laravelの学習
SNSサイトがここで完成しました。以下がSNSサイトのタイムライン画面です。
スクリーンショット 2018-07-15 9.16.09

ちなみに僕のポートフォリオのSNSサイトは、
この授業で作ったものを応用して作りました。

Trabeller
鈴木さんしか登録できないSNS
http://nobu.sunnyday.jp/Trabeller/index.html

鈴木さん以外の人で閲覧したい方は、
こちらからログインできます。
アドレス suzuki@gmail.com
パスワード aaaa

Laravelについては、フレームワーク概論、MVCモデルについて学びました。

このあたりはチーム開発も大詰めで、かなり忙しかったです。
授業も中々予習ができなかったです。



・12週目 チーム開発、Laravelの学習
Laravelについては、マイグレーションの作成、マイグレーションでDBのバージョン管理、モデルの作成について学びました。

Laravelは上記のように触りの部分のみの学習となっています。

チームごとにWebサービスの最終プレゼンを行いました。
Image from iOS
この時には、完成したWebサービスを実演しながら発表しました。

僕のチームは、失恋の品をシェアするSNSサイトを作りました。

失恋の思い出を笑いに変えるがコンセプトです。



・学習方法について


僕のオススメの学習方法も共有したいと思います。

基本的に授業を受ける前に授業内容は、一通り予習してから授業を受けていました。

授業では予習した中で分からない部分をピンポイントで先生に訊くようにしていました。

プログラミングは一度に全て覚えるのは、とても難しいので、
毎回事前に予習することをオススメします。

留学前にも1ヶ月間基礎学習をしっかりと行いました。

具体的には、progate(221レベル)、ドットインストール、仮想環境構築、自作LPの作成を行いました。

詳しくはこちら↓の記事にまとめています。

エンジニア留学に行きます!

http://nobublog.co/archives/8050373.html

これくらい事前学習をしておけば、授業は比較的容易に理解できると思います。

僕の場合、基本的に予習していたので、宿題をやるのにあまり時間はかかりませんでした。

なので、余った時間で自分のポートフォリオを6つ作成しました。
http://nobu.sunnyday.jp/NewPlofile/index.html
先生にコードレビューもしてもらいました。

他にも友人から依頼を受けて、サイト作成もしていました。
http://nobu.sunnyday.jp/My_Birth_Day/index.html
誕生日のカウントダウンサイトを作りました。

授業だけだとインプットばかりになってしまうので、
授業内容はさっと終わらせてポートフォリオサイト作成等のアウトプットに力を入れたほうがいいと思います。

僕自身、実際に作ってみてからサイト作成の難しさが分かりました。



・まとめ


どの勉強もそうだと思いますが、受け身の姿勢だと学びが薄くなります。

基本的に独学で学習を進めて、授業では復習。そして不明点のみを先生に訊くと良いと思います。

実際に同じように12週間学んだクラスメートも、理解度は人によってだいぶ違いました。


エンジニア留学について詳しく話が聞きたいという人は、こちらのタイムチケットでご相談に乗ります!

よろしくお願いします!

スクリーンショット 2018-07-12 20.53.24
スポンサードリンク